腰痛対策に『非変性U型コラーゲン』体験談1

体験談@腰の慢性痛が消失。高い梯子も楽に上れて仕事ができる!非変性U型コラーゲンに感謝です!
体験談A寝たきり同然、苦しみぬいた脊柱管狭窄症が半年で完治!腰が自由に動く!曲げられる!
体験談B非変性U型コラーゲンで腰、膝の激痛がピタリと出なくなり、驚いたことに骨密度まで上昇!


●体験談@わずか1週間で痛みが消えた

千葉県 千葉周作さん(仮名・74歳)

私の仕事は屋根の修理や加工、いわゆる板金を生業としています。ところが、厄介なことに3年前から腰痛に苦しむようになりました 痛みだした当初は、そのうちよくなるだろうと我慢して仕事をしていましたが、痛みは逆に慢性化。 そのため、地元の整形外科に行き診てもらったのですが、医師からは「腰の軟骨が無くなっていますよ。だからもう仕事は止めなさい。 薬で軟骨を作ることはできません」と言われてしまったのです。 しかし、私はまだまだ現役で仕事がしたい。これはもう自分で治すしかないと思い、ビワの葉温灸をやったり、 接骨医に通ってマッサージを受けたり、グルコサミンのサプリメントも飲みましたが、腰から痛みが消えることはありませんでした。

非変性U型コラーゲンは新聞広告か何かで知りました。私は腰の痛みが取れるなら、何でも試してみようと考えていましたので、 早速取り寄せて毎日飲むようにしました。すると1週間後、痛みが出なくなっていることに気付いたんです。 腰痛が消えていることに気付いたのは、朝起きて1時間ほどしてから。 以前なら、朝起きると、腰が重く「ああ、今日も腰が痛い」と気も重くなったのですが、この時は起床後1時間経っても腰が 痛くならず、腰の重さが感じられなかったのです。 非変性U型コラーゲンを飲むようになってから、腰から痛みがスーッと消えて、痛みそのものを忘れて仕事ができるようになりました。 梯子だって、楽々登れます。また、腰痛が消えると体の柔軟さが戻って、体前屈や腰をそらすこともできるようになりました。 それと、とにかく体が軽いです。非変性U型コラーゲンが、こんなに腰の痛みを取るとは、予想もしていませんでした。 体が若返ったと実感する毎日です。


●体験談A腰の牽引治療でかえって痛みが悪化

東京都 石田壱成さん(仮名・50歳)

私が脊柱管狭窄症の痛みに襲われたのは、一昨年の暮れのことです。私の場合最初に異変を感じたのは、足のつま先でした。 具体的に言うと、右足のつま先がしびれるようになり、それが数日間続いたのです。 そこで整形外科を受診したところ、MRI検査の結果、脊柱管狭窄症と診断されました。 医師に勧められた治療法は二つ。手術をするか、さもなくば器具を使って腰をけん引するというものでした。 手術は拒否し、腰の牽引を数回お願いしましたが、逆に腰の痛みが増し、整形外科による治療を断念。 非変性U型コラーゲンを飲もうと思ったきっかけは、健康雑誌の新聞広告で、非変性U型コラーゲンで脊柱管狭窄症がよくなった という見出しを目にしたからです。そこで、私もここは「一か八か」の心境で、非変性U型コラーゲンの効果を信じて、 飲んでみようと思い立ったのです。

すると飲み始めて3ヶ月経ったころから、痛みが徐々に引いてくるのがわかりました。 そして飲用半年後には、ついに痛みが完全に引いて、スタスタと歩けるようになりましたし、上体を前に倒すことも、 後ろに反ることもできて、すべての動作が痛みもなく楽に行えるようになったのです。 今では、自分が脊柱管狭窄症の痛みに苦しんでいたのが信じられないほど、毎日が快適です。


●体験談B

東京都 小保方晴子さん(仮名・72歳)

私は65歳のときに子宮癌を患い、抗癌剤の治療を受けました。幸い癌はよくなったものの、退院後に腰と膝がひどく痛みだしたのです。 私と主人は中華料理店を営んでおり、私は料理を運んだり、ビールを冷蔵庫ケースに入れるのが仕事。 ところが、膝と腰が慢性的に痛み出してからは、中腰の姿勢をとることができず、ビールを冷蔵ケースに入れるときは、 ケースの前に足を投げ出して坐って行わなければならないほど、熟睡もできません。 ところが、主人の勧めから飲み始めた非変性U型コラーゲンで、膝、腰の痛みがピタリと出なくなったのです。 効果が現れたのは飲用後40日くらいからで、痛みが消えたおかげで、中腰の姿勢のままビールを入れることができるようになり、 8時間以上の熟睡も可能に。さらに、病院の検査で骨密度まで上昇していることがわかり、非変性U型コラーゲンの効果の高さには 私も主人も驚くばかりです。